本文へスキップ

季節の草花 〜秋〜FALL

春 〜spring〜  夏 〜summer〜  冬 〜winter〜

ベゴニア
昇降口を彩ってくれているベゴニアです。長い期間彩り豊かな花を楽しませてくれます。
晴れている日は、園芸委員の児童が毎朝、水やりをしてくれます。




ソメイヨシノ(染井吉野)
3月から4月にかけて、薄いピンクの小さな花をたくさん咲かせます。
「季節の草花〜春〜」に、同じ角度から撮った写真が載せてあるので、春と秋の景観を見比べてみてください。




カキ(柿)
徳力小でも、秋になるとオレンジの実をいくつかつけています。
種類は不明ですが、鳥が食べていないので、渋柿かもしれません。

駐車場があるほうの東門左側に柿の木があります。



ザクロ(石榴)
実は熟すと自然に割れて、甘酸っぱい種子が現れます。

徳力小では、駐車場があるほうの東門右側にザクロの木があります。

ヒバ(檜葉)
秋に、うっすらと緑がかっている白い星のような花をつけます。
徳力小正門を入った右側に植えてあります。










モッコク
(木斛)
7月ごろに、黄白色の花を咲かせ、秋に赤い実をつけます。
「季節の草花〜夏〜」にも、モッコクの写真が載せてあります。


スイセン(水仙)
白や黄色の花を咲かせ、開花時期は12月から3月です。
徳力小では、校長室前の花壇に咲いています。





ダイコン(大根)
徳力小学校の畑で育てている大根です。
ずいぶん大きくなりました。






センリョウ(千両)
千両という名前から、正月の縁起物とされています。花は黄色で、開花時期は7月から8月です。10月から12月にかけて赤い実を枝先につけます。
似たもので、マンリョウ(万両)があります。



ツバキ(椿)
花の散り方は、一花ごとに下落します。花の色は、赤や白が多いですが、その他の色もあります。開花時期は10月から12月になります。





サザンカ
(山茶花)
ツバキによく似ていますが、花びらはバラバラに散ります。花の色は白やピンクで、10月から12月にかけて咲きます。


ワタ(綿)
実は熟すと裂けて開き、長い綿毛のある種子を出します。右の写真は綿の花です。綿毛は木綿の原料となります。種子は食用油として、てんぷら油・サラダ油などで利用します。

校庭の紅葉や、畑でみつけた蝶(ツマグロヒョウモン)です。
ツマグロヒョウモンの幼虫は、パンジーなどのスミレ類を好んで食べます。



11月に入って通学路の田んぼや畑にも霜が降りました。

  春 〜spring〜    夏 〜summer〜   冬 〜winter〜

徳力小学校

〒339-0004
埼玉県さいたま市岩槻区
大字徳力136-4

TEL 048-794-2318
FAX 048-795-0376
E-mail
tokuriki-e@saitama-city.ed.jp

あなたは
301135人目のチームトクリキです