本文へスキップ

季節の草花 〜夏〜SUMMER

 春 〜spring〜   秋 〜fall〜   冬 〜winter〜

アヤメ(文目)
5月から6月にかけて、青や紫の大きな花を咲かせます。
徳力小では校長室前の花壇に、植えられています。
漢字では「菖蒲」とも書きますが、こちらはショウブとも読めるのでややこしいです。
よく似た花で、「ハナショウブ」(花菖蒲)があります。こちらは水田や湿地で育ちます。


スイレン(睡蓮)
5月から9月にかけて、白、黄、ピンク、赤、紫の花を咲かせます。
徳力小では、職員室前の水槽でピンクの花を見ることができます。
このスイレンの花に似たもので、ハス(蓮)の花があります。
見分け方としては、スイレンの花は水面近くで咲き、ハスの花は水面より1mほど高く咲きます。


アジサイ(紫陽花)
6月から7月にかけ白、ピンク、青、紫の花を咲かせます。
梅雨の時期の代表的な花です。
花びらのようにみえているのは、がく(萼)です。
がくとは、花の一番外側の花びらを囲む部分のことです。



アサガオ(朝顔)
7月から10月にかけピンク、青、紫、他の花を咲かせます。
早朝に咲き始め昼前にはしぼんでしまうことから、この名がついています。
徳力小では、1年生が「あさがお」を育てています。
似た花で、「ひるがお」や「ゆうがお」があります。








モッコク(木斛)
7月ごろに、黄白色の花を咲かせ、秋に赤い実をつけます。















クチナシ(梔子)
6月から7月に香りの良い白い花をつけます。
写真の右は、オオスカシバの卵です。
オオスカシバは、うぐいす色の太い胴体を持ち、透明のはねを素早くはばたかせて跳びます。
見た目はハチに似ていますが、ガの仲間です。
幼虫はクチナシの葉が大好物で、うっかりすると葉を全部食べられてしまい、クチナシの木には枝しか残っていないということもあります。



ミカンの木(蜜柑の木)
5月に白い花をつけます。
実はみなさんがよく知っているミカンになります。
一番上の写真は、キアゲハが卵を産み付けているところです。
黄色い小さなつぶは、キアゲハの卵です。

キアゲハの幼虫は、ミカンの葉を好んで食べます。
卵からかえったばかりの幼虫は黒と白の色をしています。
これは、鳥のふんに似させて(擬態)鳥に食べられにくくしているためと考えられています。
何度か脱皮をくり返し、最後の写真のような鮮やかな緑色の幼虫になります。目のように見える黒いのは模様です。


 春 〜spring〜   秋 〜fall〜   冬 〜winter〜

徳力小学校

〒339-0004
埼玉県さいたま市岩槻区
大字徳力136-4

TEL 048-794-2318
FAX 048-795-0376
E-mail
tokuriki-e@saitama-city.ed.jp

あなたは
301137人目のチームトクリキです