本文へスキップ

読み聞かせの本の紹介library

9月の本

「うえきばちです」
                             川端誠 作
                              BL出版
 植木鉢があったので土を入れて、のっぺらぼうを植えてみました。毎日水をやっていたら、「め」が出て「は」が出て・・・。ナンセンスなユーモア絵本です。

「まないたにりょうりをあげないこと」
                          シゲタサヤカ 作
                               講談社
 まな板に料理を食べさせて欲しい、とお願いされた気の優しいコックさん。見つからないようにこっそり料理をあげ続けていたら・・・。思わず笑ってしまう楽しい1冊です。

「でてくるでてくる」
                            岩田明子 作
                            ひかりのくに
 夜の公園では、ブランコから「タコ」が、ジャングルジムから「ウミガメ」が、『にゅるる〜ん』『ぐにゅぐにゅ〜』と出てきました!他にもたくさんの動物たちが登場します。不気味だけど楽しい1冊です。
「ばけばけばけばけばけたくん たんじょうびの巻」
                            岩田明子 作
                             大日本図書
 今日はばけたくんの誕生日。美味しそうなご馳走をつまみ食いしてしまい、いろいろな食べ物に大変身!ページを捲るのが楽しい1冊です。
「ばけばけばけばけばけたくん おみせの巻」
                            岩田明子 作
                             大日本図書
 食いしん坊なおばけの子どものばけたくん。今日は美味しそうな匂いに誘われて、お店でつまみ食いして、またまた大変身!カラフルで目を引く楽しい絵本です。
「みどりいろのたね」
                         たかどのほうこ 作
                             福音館書店
 まあちゃんは、クラスのお友達といっしょに、緑色の種を5こ埋めました。ところが、うっかり口に入れていた緑色のあめ玉まで一緒に埋めてしまいます。なまけ者のまあちゃんは、ぜんぜん水をやりません。お腹が減って、困った種たちは・・・。あめ玉と種たちのやりとりが楽しいお話です。
「トラのじゅうたんになりたかったトラ」
                        ジェラルド・ローズ作
                              岩崎書店
 歳を取って痩せこけたトラがいました。このトラは、毎晩のように王様の宮殿の窓から食事の様子をのぞき込んでは、自分も仲間に入りたいと思っていました。ある日、宮殿の庭に、トラの毛皮が干してあるのを見つけたトラは・・・。
「ぼちぼちいこか」
                        マイク・セイラー 作
                               偕成社
 さまざまなことにチャレンジするかば君。でも、何をやっても上手くいきません。「どないしたら ええのんやろ」。でも、ちょっと一休みして考えてみようかな・・・。慌ただしい世の中だけと、じっくりと自分を見つめ、ぼちぼちと自分について考えてみることも大切なのでは?と問いかけてくれる、ほっとする1冊です。
「フンガくん」
                           国松エリカ 作
                               小学館
 自分の自転車があるのに、友だちの新しい自転車がうらやましくてたまらないフンガくん。お母さんに買ってとお願いします。取り合ってくれないお母さんに、フンガくんは地団駄を踏んでおねだりしますが、いつのまにかお母さんの姿が見えなくなり・・・。フンガくんとお母さんのやり取りが、心温まる1冊です。短い4つのお話が入っています。
「どっちがへん?スペシャル」
                          いわいとしお 作
                            紀伊国屋書店
 どっちくんとへんくんは、見た目がそっくりな双子の兄弟です。でも2人がお描きをすると・・・。似ているけど、何だが違います。皆さんには、「どっちがへん?」な絵か分かりますか?
「うまかたやまんば」
                         おざわとしお 再話
                             福音館書店
 ある日、うまかたが、浜でどっさり魚を仕入れ、馬に乗せ山道を登っていたときです。日が暮れて、峠に差し掛かると、やまんばがぬうっと出てきて・・・。何度も追いかけてくるやまんばの恐ろしさと、後半のコミカルなやり取りがおもしろい昔話です。
「デイビッドがやっちゃった!」
                      デイビッド・シャノン 作
                               評論社
 デイビッドは失敗するといつもこう言います。「ぼくのせいじゃないよ!」他にもたくさんの言い訳をするデイビッド。でも最後には・・・。シリーズ第3弾。やんちゃだけど憎めないデイビッド楽しい絵本です。
「デイビッドがっこうへいく」
                      デイビッド・シャノン 作
                               評論社
 やんちゃなデイビッドは学校でもしたい放題。そんなデイビッドにとうとう先生は・・・。恐るべきデイビッドの愉快な人気シリーズ第2弾です。
「わたしとなかよし」
                      ナンシー・カールソン 作
                               瑞雲舎
 「私には素敵なともだちがいるの。それはね・・・わ、た、し!」
お絵かきをしているときも、自転車をこいでいるときも、本を読んでいるときも、私はいつも、わたしといっしょ。私は、私のことが好き。
自分を大事にすることの大切さを教えてくれる絵本です。
「はらぺこヘビくん」
                         みやにしたつや 作
                              ポプラ社
 何でも、ぱくぱく食べちゃうはらぺこヘビくん。ニョロニョロお散歩してたら、まんまるりんごを見つけたよ。はらぺこヘビくん、どうしたと思う?バナナ、おにぎり、ぶどう、パイナップル・・・と次々に食べてしまう、はらぺこヘビくんの様子が楽しい1冊です。
「はやくちこぶた」
                        はやかわじゅんこ 作
                               瑞雲舎
 早口言葉の楽しい絵本です。「なまむぎ なまごめ なまたまご」「ありありと ありありみえる ありのむれ」「にわにわ にわ にわとりが、うらにわには には にわとりがいる」など、皆さんがよく知っている早口言葉が、たくさん出てきます。 絵本に登場する三匹のコブタとオオカミのやり取りも楽しいです。ぜひ、声に出して読んでみてください。
「さんまいのおふだ」
                           松谷みよ子 作
                               童心社
 ある日、お寺の小僧っ子は山奥で優しそうなばあさまに出会いました。「栗をたくさん煮ておくから食べにおいで」と言われ、喜んで和尚さんに報告をします。和尚さんは「それはやまんばだから行かない方がええ」と忠告しますが、どうしても行きたいとごねる小僧っ子に三枚のお札を渡してくれました。さて、小僧っ子はどうなるのでしょう?
「とらとほしがき」
                        パク・ジェヒョン 作
                            光村教育図書
 「アイゴー!とうとうほしがきが、わしをとって食おうというのだな」自分こそ、この世の王であると信じていたトラが、干し柿を恐れるわけとは・・・?韓国に古くから伝わる愉快な昔話です。
「飛脚とうわばみ(かたれやまんば第1集より)」  
                     藤田浩子の語りを聞く会 編
                    三郷・藤田浩子の語りを聞く会
 ある日、東の国の殿様が西の国の殿様に手紙を届けたくなって、飛脚を呼びました。受け取ったのはとても真面目な飛脚だったので、脇目も振らずに走って行きました。それを見つけたうわばみが、飛脚をパクリと飲み込みました。ところが飛脚は飲み込まれたことに気がつかず走り続け・・・。飛脚とうわばみのやり取りが楽しい昔話です。
「まめうしのびっくりなあき」
                         あきやまただし 作
                              PHP出版
 豆粒くらい小さな子牛のまめうしくん。友達のつぶたくんと出かけたら、緑色だった葉っぱが真っ赤になっていたり、栗や柿が落ちてきたり・・・。「秋ってびっくりすることがいっぱいだね!」まめうしくんと一緒に秋を楽しむ1冊です。
「へびのみこんだ なにのみこんだ?」
                     tupera tupera
 暗闇から蛇が現れました。腹が減っては飲み込んで、友だち欲しくて飲み込んで、大好きだから飲み込んで・・・。へびが何を飲み込んだかを想像しながら読む、楽しい1冊です。
「へんしんかいじゅう」
                         あきやまただし 作
                              金の星社
 かいじゅう山は不思議な山です。登るだけで見たこともないかいじゅうに変身しちゃうんです!さあ、みなさんもかいじゅうに変身してみませんか?


徳力小学校

〒339-0004
埼玉県さいたま市岩槻区
大字徳力136-4

TEL 048-794-2318
FAX 048-795-0376
E-mail
tokuriki-e@saitama-city.ed.jp

あなたは
392292人目のチームトクリキです