本文へスキップ

読み聞かせの本の紹介library

10月の本

「へびの食い合い(かたれ やまんば 第一集より)」
                            藤田浩子 述
                    三郷 藤田浩子の語りを聞く会
  ある山に住むうわばみが、食べ物が少なくなってきたので別の山にやってきました。ところがその山にも別のうわばみが住んでいて・・・。うわばみ同士やり取りが楽しいお話です。

「飛脚とうわばみ(かたれ やまんば 第一集より)」
                            藤田浩子 述
                    三郷 藤田浩子の語りを聞く会
 ある国の殿様が、隣の国の殿様に手紙を出そうと飛脚を呼びました。とても真面目な飛脚は、脇目も振らず走って行きました。ところが腹を空かせたうわばみが飛脚に目をつけて、ぱくりと飲み込んでしまいます。飛脚はいったいどうなってしまうのしょうか?

「寿限無」
                             齊藤孝 作
                             ほるぷ出版
 あるところに、それは長い名前の男の子がおりました。その子の名前は、「寿限無寿限無五劫のすりきれ・・・」声に出して読むのが楽しい、愉快な落語絵本です。
「だいくとおにろく」
                            松居直 再話
                             福音館書店
 流れの速い大きな川に、橋をかけるように頼まれた大工。そんな大工の前に大きな鬼が現れ、「おまえのめだまよこしたら、おれがおまえにかわって、そのはしかけてやってもええぞ」と言った。さて、大工はどうするのでしょう?恐ろしい鬼と、大工の掛け合いが見どころの1冊です。
「かいじゅうたちのいるところ」
                      モーリス・センダック 作
                               冨山房
 ある晩、マックスはオオカミのぬいぐるみを着ると、いたずらを始めて大暴れ・・・。とうとう寝室に放り込まれます。すると、寝室ににょきりにょきりと木が生えだして・・・。恐ろしい顔の怪獣たちと、マックスのやり取りが楽しい1冊です。
「へんしんかいじゅう」
                         あきやまただし 作
                              金の星社
  ここはかいじゅう山。この山は登るだけで、見たこともないかいじゅうに変身してしまうのです!大人気「へんしんシリーズ」の第11弾です。


徳力小学校

〒339-0004
埼玉県さいたま市岩槻区
大字徳力136-4

TEL 048-794-2318
FAX 048-795-0376
E-mail
tokuriki-e@saitama-city.ed.jp

あなたは
351589人目のチームトクリキです